すみだの日常を体験・体感 POP-UP「すみだDAY-LOCAL by すみだモダン」

墨田区の地域ブランド「すみだモダン」のポップアップイベント

「すみだDAY-LOCAL by すみだモダン」の企画・空間をプロデュース。

 

墨田区は、江戸から職人の伝統が息づき、近代産業発祥の地である「ものづくりのまち」。区では、2009年から、「ものづくり」を通して地域のブランド力を向上し、産業の活性化を図る取り組み「すみだ地域ブランド戦略」を推進しています。

 

■コンセプトは「DAY-LOCAL」

今回のポップアップでは、「DAY-LOCAL」をコンセプトに、すみだモダン認証商品の展示販売はもとより、職人による実演やだれでも参加できるワークショップなどを通じて「ものづくりのまち すみだ」の日常を体験・体感していただけるイベントを実施。

江戸切子、手植えブラシ、はさみ、江戸文字、皮革、石鹸、金属、メリヤス、珈琲など、すみだでは当たり前に根付いているものづくりを、職人とコミュニケーションを交わしながらお楽しみいただきました。

 

■個性あふれる「職人アイコン」

キービジュアルでは「すみだマップ」に加え、イラストレーションで表現した「職人アイコン」をイベント演出に起用。墨田区在住のグラフィックデザイナー関田浩平さんが手がけました。職人アイコンは各ブースサインとして掲出し、親しみやすさがありながら堅実さと信頼感、独自性を来場者へアピールしました。

 

■交流うながす「こたつ(みたいな)テーブル」

また、会場内には団らんを想起する「こたつ(みたいな)テーブル」を設置。週末開催の「ワークショップ」や「ふるまいコーヒー」を片手に小休憩など、来場者の憩いの場となるような全長約5.4mのコミュニケーションテーブルを置き、温もりがある、すみだに息づくコミュニティを体感いただきました。

DATA

東京・立川

GREEN SPRINGS内PUP UPスペース

「TAKE OFF SITE」

2022年12月10日(土)~18日(日)

https://sumida-brand.jp/news/sumidadaylocal/

 

【主催】墨田区

【共催】すみだ地域ブランド推進協議会 

【運営】(一社)墨田区観光協会 

【企画プロデュース】CPCenter 

【グラフィックデザイナー】関田浩平